Welcome to TANAHASHI LAB

2014年10月工学部福祉人間工学科に着任し,2015年4月に研究室を開設しました.
本研究室は視覚工学視覚心理物理学を基礎として人の脳のメカニズムを科学的に分析し,明らかにする研究をおこないます.

 

お問い合わせ,ご質問等は下記のE-mailからお願い致します.
mail

news

2017/05/08


棚橋研究室のホームページが立ち上がりました.

2016/12/08


松本蟻ヶ崎高等学校 (長野県)で出前講義をおこないました.

2016/10/31


内野まちづくりセンター (新潟)でインスタレーション「YURAGI」がおこなわれました.

2016/10/21


にいがたBIZEXPO (新潟)に「超高齢化社会において人々が快適な生活を過ごせるよう支援する技術」を出展しました.

2016/10/01


棚橋研究室に学部4年生が1名追加配属されました.

2016/09/17


第21回日本バーチャルリアリティ学会大会でオーガナイズセッションをおこないました.

2016/08/28


European Conference on Visual Perception 2016で棚橋研究室の博士後期課程1年生がポスター発表をおこないました.

2016/08/17


日本視覚学会2016夏季大会に実行委員として参加しました.

2016/08/09


新潟大学オープンキャンパスでインスタレーション「[mănus;]」がおこなわれました.

2016/07/25


TeNYテレビ新潟の特集「VRの可能性を探る」で棚橋研究室の研究が紹介されました.

2016/04/03


棚橋研究室に学部4年生が4名配属されました.

2016/04/01


橋研究室に博士後期課程1年生が1名,博士前期課程1年生が3名配属されました.

2016/03/31


棚橋研究室の学部4年生が4名卒業しました.

2016/03/03


映像情報メディア学会立体映像技術研究会で棚橋研究室の博士前期課程2年生1名,学部4年生1名が口頭発表をおこないました.

2015/11/21


島田樟誠高等学校 (静岡県)で出前講義をおこないました

2015/10/28


新潟明訓高等学校 (新潟県)で出前講義をおこないました.

2015/09/15


The 5th International Symposium on Visual Image SafetyにCOMMITTEEとして参加し,口頭発表をおこないました.

2015/08/10


日本バーチャルリアリティ学会VR心理学研究委員会幹事に就任しました.

2015/07/18


第25回VR心理学研究委員会で棚橋研究室の博士前期課程2年生1名が口頭発表をおこないました.

2015/06/18


新潟第一高等学校 (新潟県)で出前講義をおこないました.

2015/04/03


橋研究室に学部4年生が4名配属されました.

2015/04/01


棚橋研究室が立ち上がりました.

2014/11/01


新潟大学大学院自然科学系 (工学部福祉人間工学科担当)に着任しました.

profile

棚橋

- 教員紹介 -

新潟大学大学院 自然科学研究科 助教

- 学内委員 -

新潟大学人を対象とする研究等倫理委員会 工学系小委員会 5号委員

工学部 学生部専門委員

工学部 図書館委員

工学部 情報システム専門委員

- 担当授業 (2016年度) -

工学部

福祉人間工学実験II (福祉人間工学科3年)

福祉人間工学実験I (福祉人間工学科2年)

プログラミング基礎実習 (福祉人間工学科1年)

ボランティア実習 (福祉人間工学科1年)

大学院自然科学研究科

自然科学総論III (自然科学研究科)

運動生理学特論 (自然科学研究科)

Gコード科目

プログラミング基礎演習

数理基礎演習I

数理基礎演習II

- 学外活動 -

VR心理学研究委員会 幹事 (5期)

視覚学会2016夏季大会 実行委員

The 5th International Symposium on Visual Image Safety Committee

- 所属学会 -

日本視覚学会: 平成16年4月~

日本バーチャルリアリティ学会: 平成27年8月~

日本臨床バイオメカニクス学会: 平成28年4月~

- 学歴 -

早稲田大学理工学部応用物理学科卒業

早稲田大学大学院理工学研究科物理学及応用物理学専攻修士課程修了,修士 (理学)

早稲田大学大学院先進理工学研究科物理学及応用物理学専攻博士課程単位取得満期退学

博士 (理学) (早稲田大学 第6376号)の学位授与

- 職歴 -

York University The Center for Vision Research リサーチアシスタント

早稲田大学21世紀COEプログラム“多元要素からなる自己組織系の物理”リサーチアシスタント

学習院大学計算機センターテクニカルアシスタント

早稲田大学理工学術院応用物理学科助手

独立行政法人産業技術総合研究所ヒューマンライフテクノロジー研究部門マルチモダリティ研究グループテクニカルアシスタント

神奈川大学マルチモーダル研究所プロジェクト研究員

現在,新潟大学大学院 自然科学研究科 助教 (工学部 福祉人間工学科)

   

研究内容

  棚橋研究室では技術優先ではなく人間工学的側面をも踏まえ基盤的研究と実用化研究との連続的・同時並行的な研究開発を目標とします.基盤的研究では人の視覚特性を心理物理学的手法から明らかにする研究をおこない,実用化研究では基盤研究による研究成果を実用化につなげる研究をおこないます.

 

- 研究紹介 -

 

・人の行動における多感覚統合

  外界における動作・行動において,複数の感覚から入力される情報の統合過程とその役割を明らかにすることを目的にした研究をおこないます.本研究はより現実感の高いVR空間やそれらを応用したリハビリテーション手法の開発に繋がります.また,複数の感覚器に入力される自己運動情報の矛盾によって生じるとされる映像酔い予防の技術開発もおこないます.

  Keywords: 視覚誘導性自己運動知覚 (Vection),多感覚統合 (視覚,聴覚,触覚),Virtual Reality (VR),映像酔い (Visually Induced Motion Sickness)

 

・知覚状態の一義的な決定メカニズム

  映像観察中に知覚交代が生じる異なる知覚現象が有すると考えらえる知覚状態の一義的な決定メカニズムを明らかにすることを目的にした研究をおこないます.本研究は自閉症児の早期診断手法の開発に繋がります.

  Keywords: 視対象の奥行き運動知覚 (Motion-in-depth),錯視,多義図形

 

・知覚状態と生体信号の関係

  知覚状態が変化することで生じる人の生体信号を生体計測技術や生理学的知見から生体機能の特徴を明らかにすることを目的にした研究をおこないます.

  Keywords: 眼球運動計測,瞳孔計測,筋電計測,自律神経計測,瞬目計測

 

・人の知覚特性を応用したメディアアート

  工学と結びついた新たな表現活動を実社会で展開するために,生活空間に創造的な彩りを与える人工物工学と実践法,テクノロジーと感性表現とで築く新たな表現方法を用いてメディアアートを展開します.

  Keywords: 感性科学,メディアアート

業績

受賞

電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ ヒューマンコミュニケーション賞

笹川佳蓮,長谷川研人,畠山亮,五十嵐葵,林豊彦,棚橋重仁,青木さつき,遠藤理紗,入山満恵子: 汎用コミュニケーションエイドVCANを用いた発達・知的障がい児のコミュニケーション支援3~ログデータを用いたコミュニケーション能力評価~,ATACカンファレンス2015京都,京都,12月18-20日,2015年.


学術論文及び出版物

  1. Marutama, A., Tani, K., Tanahashi, S., Iijima A., and Maeda, Y.: Three gait oscillations switchable by a parameter on Hard-wired central pattern generator hardware network”, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, 99-A (8), 1600-1608, 2016.
  2. Sasagawa, K., Hayashi, T., Tanahashi, S., Iriyama. M., and Aoki, S.: An Extension of Evaluating Users’ Communication Abilities Through a Long-data Analysis of Highly-Versatile VOCA”, Journal of Life Support Engineering, (in Press).
  3. Tanaka, S., Hayashi, T., Tanahashi, S., Watanabe, S., Sato, T., Kobayashi, K., Koga, R., and Omori, G.: Positional relationship between the growth plate in the femoral distal end and the 3-D loading axis of lower extermities”, Journal of Biomechanics, vol.37, 121-128, 2016.
  4. Tanahashi, S., Ashihara, K., Ujike, H.: Effects of auditory information on self-motion perception during simultaneous presentation of visual shearing motion. Frontiers in Psychology, 6, article number 749, 2015
  5. Tanahashi, S., Ujike, H., Ukai, K.: Visual rotation axis and body position relative to the gravitational direction: Effects on circular vection. i-Perception, 3(10), 804-819, 2012
  6. Tanahashi, S., Segawa, K., Zheng, M., Kuze, J., Ukai, K.: Monocular viewing prolongs reversal interval of rival figure. Optical Review, 19(5), 345-348, 2012
  7. Tanahashi, S., Ujike, H., Kozawa, R., and Ukai, K.: Effects of visually simulated roll motion on vection and postural stabilization. Journal of NeuroEngineering and Rehabilitation, 4, article number 39, 2007

国際会議

  1. Tabeta, S., Kiryu, T., and Tanahashi, S.: Model selection for prediction of Visually Induced Motion Sickness., 39th European Conference on Visual Perception (ECVP), Barcelona, Spain, 28 August-01 September 2016.
  2. Tanahashi, S., Nakazawa, R., and Ukai, K.: Relation between visually induced motion sickness and OKN. The 5th International Symposium on Visual Image Safety, Tokyo, Japan, 15-17 September, 2015.
  3. Tanahashi, S., Okinaka, T., Segawa, K., and Ukai, K.: Pupil size relative to the perceptual reversal interval when different ambiguous figures’ luminance enters each eye. European Conference on Visual Perception (ECVP), Toulouse, France, 28 August-01 September 2011. Abstract cited in Perception, 40, (ECVP abstracts supplement), 145, 2011. http://www.perceptionweb.com/abstract.cgi?id=v110500
  4. Tanahashi, S., Ujike, H., and Ukai, K.: Effects of stimulus size and posture relative to the gravity axis on circular vection. European Conference on Visual Perception (ECVP), Lausanne, Switzerland, 22-26 August, 2010. Abstract cited in Perception, 39, (ECVP abstracts supplement), 140, 2010. http://www.perceptionweb.com/abstract.cgi?id=v100598
  5. Miyahara, Y., Tanahashi, S., Ukai, K.: Synchronism of Perceptual Reversals Involving Two Horizontally Presented Ambiguous Figures. The 6th Asia-PacificConference on Vision, Taipei, Taiwan, 23-26 July, 2010. Abstract cited in VISION, 22, (APCV abstracts supplement), 2010. http://apcv2010.aoetek.com/file/APCV2010%20Program.pdf
  6. Nakamura, N., Tanahashi, S., Ukai, K.: Dynamic Measurement While Viewing Stereoscopic Images of Parallel Method. The 6th Asia-Pacific Conference on Vision, Taipei, Taiwan, 23-26 July, 2010. Abstract cited in VISION, 22, (APCV abstracts supplement), 2010. http://apcv2010.aoetek.com/file/APCV2010%20Program.pdf
  7. Kawano, M., Ukai, K., Sakata, K., Tanahashi, S.: Effects of Abrupt Color and Luminance Change on Reappearance in Motion-induced Blindness. The 6th Asia-Pacific Conference on Vision, Taipei, Taiwan, 23-26 July, 2010. Abstract cited in VISION, 22, (APCV abstracts supplement), 2010. http://apcv2010.aoetek.com/file/APCV2010%20Program.pdf
  8. Ukai, K., Tanahashi, S., Segawa, K., Zheng, M., and Kuze, J.: Monocular viewing prolongs interval of perceptual reversal. European Conference on Visual Perception (ECVP), Regensburg, Germany, 24-28 August, 2009. Abstract cited in Perception, 38, (ECVP abstracts supplement), 28, 2009. http://www.perceptionweb.com/abstract.cgi?id=v090623
  9. Tanahashi, S., Howard, I. P., Ukai, K., Ujike, H.: Interactions between a stationary stimulus and a stimulus moving in depth. European Conference on Visual Perception (ECVP), Utrecht, The Netherlands, 24-28 August, 2008. Abstract cited in Perception, 37, (ECVP abstracts supplement), 72, 2008. http://www.perceptionweb.com/abstract.cgi?id=v080258
  10. Tanahashi, S., Ujike, H., Ukai, K.: Visual rotation axis and posture relative to the gravity axis: Effects on circular vection. Optical Society of America Fall Vision Meeting, Berkeley, United States of America, 16-19 September, 2007. Abstract cited in Journal of Vision, 7(15), 109, 2007. http://jov.arvojournals.org/article.aspx?articleid=2135062
  11. Tanahashi, S., Ujike, H., Ukai, K.: Interaction between circular vection strength and posture. Waseda University The 5th 21st Century COE Symposium on Physics of Self-organization System, Tokyo, Japan, 14 September, 2007.
  12. Tanahashi, S., Ujike, H., Ukai, K.: Effects of visually simulated roll motion and its repeated exposures on postural stabilization. The 4th Asia-Pacific Conference on Vision, Matsue, Japan, 29-31 July, 2006.
  13. Zheng, M., Tanahashi, S., and Ukai, K.: Influences of various visual stimuli condition perceptual depth reversal of Mach book. The 3rd Asia-Pacific Conference on Vision, Chongqing, China, 15-19 November, 2004.

国内会議

  1. 畑田宏貴,林豊彦,棚橋重仁,田中洋,二宮裕樹,乾浩明,駒井正彦,信原克哉: 体表面の形状変化を用いた肩甲骨の姿勢推定.第37回バイオメカニクス学術講演会,富山,11月12-13日,2016年.
  2. 山田祐樹,阿部孝司,林豊彦,棚橋重仁,佐藤繁憲,菊井浩輝,今野真司: ランニングシューズのソール素材が安定性の官能評価に与える影響,MEとバイオサイバネティックス研究会,新潟,9月24日,2016年.
  3. 岡嶋克典,繁桝博昭,棚橋重仁,和田有史,藤崎和香,渡邊洋,氏家弘裕: VR技術に資する田感覚統合の認知科学研究: 第21回バーチャルリアリティ学会大会,茨城,9月14-16日,2016.
  4. 大渕将史,林豊彦,棚橋重仁,田中洋,乾浩明,二宮裕樹,信原克哉: 光学式モーションキャプチャ・システムに用いる反射マーカの劣化が測定精度に与える影響.MEとバイオサイバネティックス研究会,富山,5月21日,2016年.
  5. 阿部孝司,林豊彦,棚橋重仁,佐藤繁憲,菊井浩輝,今野真司: ランニングシューズソール部のゲル素材が衝撃緩衝性および安定性に与える影響.MEとバイオサイバネティックス研究会,富山,5月21日,2016年.
  6. 三間良明,林豊彦,棚橋重仁,田中洋,二宮裕樹,乾浩明,駒井正彦,信原克哉: 肩関節筋骨格モデルを用いた躯幹・肩甲骨間筋群の筋力推定,MEとサイバネティックス研究会,埼玉,3月15日,2016年.
  7. 棚橋重仁,蘆原郁,氏家弘裕: 自己運動知覚における聴覚情報の統合過程の検討,マルチモーダル研究所 第2回研究報告会,3月,2016年.
  8. 田部田晋,木竜徹,棚橋重仁: Time-Delay Recurrent Neural Networkを用いた映像酔いの予測,立体映像技術研究会,東京,3月9日,2016年.
  9. 佐藤僚馬,棚橋重仁: 自己運動を誘発する視覚刺激が健常者の歩行動作に及ぼす影響,立体映像技術研究会,東京,3月9日,2016年.
  10. 横山翔,木竜徹,棚橋重仁: 動作の冗長性を含む筋シナジーモデルの提案,MEとサイバネティックス研究会,愛知,12月19日,2015年.
  11. 藤井陽介,林豊彦,棚橋重仁,田中洋,二宮裕樹,乾浩明,駒井正彦,信原克哉,国内会議: 肩関節筋骨格モデルを用いた側方挙上における肩関節の筋力推定,MEとサイバネティックス研究会,愛知,12月19日,2015年.
  12. 大島航太郎,林豊彦,棚橋重仁,入山満恵子,青木さつき,青木高光,竹内奏子: 拡張現実を用いた音声出力コミュニケーションエイドVCAN/AR~シンボル提示法の検討~,ATACカンファレンス2015京都,京都,12月18-20日,2015年.
  13. 1長谷川研人,畠山亮,笹川佳蓮,五十嵐葵,林豊彦,棚橋重仁,遠藤理紗,青木さつき,藤川成康: 汎用コミュニケーションエイドVCANを用いた発達・知的障がい児のコミュニケーション支援1 ~カスタマイズ・データ管理支援システムの開発~,ATACカンファレンス2015京都,京都,12月18-20日,2015年.
  14. 笹川佳蓮,長谷川研人,畠山亮,五十嵐葵,林豊彦,棚橋重仁,青木さつき,遠藤理紗,入山満恵子: 汎用コミュニケーションエイドVCANを用いた発達・知的障がい児のコミュニケーション支援3~ログデータを用いたコミュニケーション能力評価~,ATACカンファレンス2015京都,京都,12月18-20日,2015年.
  15. 畠山亮,林豊彦,棚橋重仁,長谷川研人,藤川成康: カスタマイズ支援Webシステム“VCANエディタ”の使用性評価,第82回福祉情報工学研究会,東京,12月8-9日,2015年.
  16. 笹川佳蓮,林豊彦,棚橋重仁,入山満恵子,青木さつき: 汎用コミュニケーションエイドVCAN/3Aのログデータを用いた利用者のコミュニケーション能力評価.第82回福祉情報工学研究会,東京,12月8-9日,2015年.
  17. 長谷川研人,林豊彦,棚橋重仁,畠山亮,青木さつき,藤川成康:汎用コミュニケーション支援WebシステムVCANの機能拡張.第82回福祉情報工学研究会,東京,12月8-9日,2015年.
  18. 小野寺裕太,林豊彦,棚橋重仁,菊井浩輝,今野真司: ランニングシューズソール部構造の衝撃緩衝性および安定性との関連性.第36回バイオメカニクス学術講演会,長野,11月28-29日,2015年.
  19. 岩迫基樹,林豊彦,棚橋重仁,田中洋,二宮裕樹,乾浩明,駒井正彦,信原克哉: 野球の投球動作における胸の張りとそれ以外の身体運動との関連性.第36回バイオメカニクス学術講演会,長野,11月28-29日,2015年.
  20. 田中翔太,林豊彦,棚橋重仁,渡邉聡,佐藤卓,小林公一,古賀良生,大森豪: 大腿骨遠位成長軟骨と3次元下肢荷重線との位置関係.第42回日本臨床バイオメカニクス学会, 東京,11月13-14日,2015年.
  21. 田部田晋,木竜徹,棚橋重仁: 人工ニューラルネットワークを用いた映像酔いの強度予測に関する検討.第25回VR心理学研究委員会,福岡,7月18日-19日,2015年.
  22. 棚橋重仁,蘆原郁,氏家弘裕: 聴覚運動情報が視聴覚運動刺激同時提示時の自己運動知覚に及ぼす影響.2014年度マルチモーダル研究所研究報告会,神奈川,3月21日,2015年.
  23. 棚橋重仁,蘆原郁,氏家弘裕: 自己運動知覚における視覚と聴覚回転運動刺激の相互作用.日本視覚学会14年冬季大会,東京,1月22-24日,2014年.
  24. 棚橋重仁,氏家弘裕,鵜飼一彦: ベクションの知覚機序における視覚と前庭感覚間の相互関係.第54回日本産業・労働・交通眼科学会,神奈川,10月20日,2012年.
  25. 冲中恒雄,棚橋重仁,瀬川かおり,鵜飼一彦: 両眼に異なる輝度の多義図形を提示したときの瞳孔径と知覚状態の関係.日本視覚学会11年冬季大会,東京,1月19-21日,2011年.
  26. 中澤嶺,棚橋重仁,瀬川かおり,河合隆史,鵜飼一彦: 映像酔いが視運動性眼振に及ぼす影響.日本視覚学会11年冬季大会,東京,1月19-21日,2011年.
  27. 棚橋重仁,氏家弘裕,鵜飼一彦: 没入感のある視覚刺激が異なる観察姿勢で知覚されるベクションに及ぼす影響.日本視覚学会10年冬季大会,東京,1月20-22日,2010年.
  28. 棚橋重仁,Ian Howard,鵜飼一彦,氏家弘裕:奥行き方向の運動知覚における静止刺激と運動刺激間の相互作用.日本視覚学会08年夏季大会,横浜, 8月4-5日,2008年.
  29. 棚橋重仁,小澤 良,氏家弘裕,鵜飼一彦:視覚的ロール運動刺激による断続的ベクションと身体動揺との関係.日本視覚学会05年夏季大会,仙台,7月20-22日,2005年.
  30. 棚橋重仁,鄭 美紅,鵜飼一彦:奥行反転図形の反転頻度の明るさによる変化.日本視覚学会04年夏季大会,高知,7月21-23日,2004年.

招待講演

  1. 棚橋重仁,鳥居正人,福嶋哲也,岡田侑樹,中村直樹,鵜飼一彦: ステレオ映像視聴時の調節・輻輳の動的反応の測定.日本視覚学会10年夏季大会,東京,8月2-3日,2010年.

国内展示

  1. 清水研作,橋本学,棚橋重仁,田部田晋,大野雅夫,YURAGI,うちの開花宣言,新潟,10月31日-11月6日,2016年.

受験生の皆さんへ

受験生の皆さん,こんにちは.

  私たちは,人が持つ様々な特性を探求し,全ての人が快適で心豊かな暮らしをできるよう文理の領域を超えた研究・開発をすすめる工学部工学科人間支援感性プログラムに所属しています.
  棚橋研究室では主に人の五感の一つである視覚に焦点を当てた研究をおこないます.
  そのために人の感覚や知覚を測定し,定量的に計測する心理物理学を柱とし,医学や工学など様々な知識・技術を用いて研究を進めます.

  詳しくは研究内容のページをご覧ください.


新潟大学で学んでみませんか?

  新潟大学は医学部,歯学部,工学部,理学部,農学部,人文学部,教育学部,法学部,経済学部,創生学部の10学部からなる日本海側最大の国立大学法人です.
  大学のある新潟市は政令指令都市に定められるだけでなく,山と海に囲まれた自然豊かな土地です.美味しい食べ物と飲み物,温かい人たちに囲まれて大学生活をおくってみませんか.


工学部工学科人間支援科学感性プログラムで研究をしましょう!

  工学部工学科人間支援感性科学プログラムではソフトウェア科学を基礎に人間支援医工学,感性科学,スポーツ情報学を学びます.
  文理の領域を超えて革新的かつエレガントに人々の快適で心豊かな暮らしを工学とスポーツ・感性科学で実現しましょう.

メンバー

棚橋研究室所属学生

大学院 博士後期課程-D2-

  田部田 晋
 

大学院 博士前期課程-M2-

  佐藤 僚馬
  隅田 博之
 

大学院 博士前期課程-M1-

  遠藤 秀一
  今野 純平
  松村 悠生
  村山 茂也
 

学部4年生

  佐藤 拓人
  杉山 大介
  林 和樹
  村上 智哉
  八文字 勇貴
 

卒業生

平成27年度 (第一期生)
 -学部4年生-

  杵淵 雅也
  近藤 孝覚
  佐藤 僚馬
  隅田 博之

平成28年度 (第二期生)
 -学部4年生-

  小西 優希
  今野 純平
  松崎 佑哉
  松村 悠生
  村山 茂也

研究対象者募集

研究対象者募集①

研究課題名

  承認番号2017-0112: 前庭感覚器の動特性を考慮した不規則な振動が視覚誘導性自己運動感覚に及ぼす影響

内容

・映像視聴中に自己運動に関する知覚状態を応答していただきます.

日時

・2017年9月-2018年2月を予定しています.
・日数は11日間,時間は約6時間です.
・日程は研究対象者の方に合わせて調整いたします.

条件

・下記の条件をすべて満たす方を研究対象者とします.

  1. 成人の方.
  2. 当該研究の目的,意義,方法及び負担等について理解したうえで自由意思に基づいて実験参加の同意書に記入された方.
  3. 視神経疾患 (てんかんや光感受性発作など) の既往のない方.
  4. 事前に行う視力検査 (3m視力検査,立体視力検査,近見視力検査) の結果より,正常な視機能を有すると判断された方.

連絡先

  研究対象者募集①へのお問合せ,参加の希望は研究分担者のe-mailアドレスに連絡ください.
    研究分担者:隅田 博之
    e-mailアドレス:mail

研究対象者募集②

研究課題名

  承認番号2016-0035: 空間がもたらすベクションへの影響

内容

・映像視聴中に自己運動知覚状態の応答,映像視聴後に自己運動知覚の評価をしていただきます.

日時

・2017年10月-2018年3月を予定しています.
・日数は1日間,時間は1時間程度です.
・日程は研究対象者の方に合わせて調整いたします.

条件

・下記の条件をすべて満たす方を研究対象者とします.

  1. 成人男性の方.
  2. 当該研究の目的,意義,方法及び負担等について理解したうえで自由意思に基づいて実験参加の同意書に記入された方.
  3. 視神経疾患 (てんかんや光感受性発作など) の既往のない方.
  4. 事前に行う視力検査 (3m視力検査,立体視力検査) の結果より,正常な視機能を有すると判断された方.

連絡先

  研究対象者募集②へのお問合せ,参加の希望は研究分担者のe-mailアドレスに連絡ください.
    研究分担者:松村 悠生
    e-mailアドレス:mail

棚橋研究室でおこなわれる実験へのお問合せ,参加の希望は下記のe-mailアドレスに連絡ください.

  e-mailアドレス: mail

学外活動

  1. 視覚障がい者のためのパソコン秋期講習,新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」,10月5日-12月14日,2016年.
  2. 視覚障がい者のためのパソコン秋期講習,新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」,6月9日-9月15日,2016年.
  3. 視覚障がい者のためのパソコン秋期講習,新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」,10月1日-12月3日,2015年.
  4. 視覚障がい者のためのパソコン秋期講習,新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」,6月4日-9月17日,2015年.